京電・KYODEN(架空の鉄道)

架空の鉄道(模型鉄道)京電です。

京電を語る367…さよなら800・920・1200系

今回の京電を語るは、

さよなら800・920・1200系です。

この3形式は、消滅形式となります。

京電支線の主(ぬし)として、

800系802-812と

920・1200系921-1201の

2両編成2本が活躍していました。

 

20220702ダイヤ改正で、運用離脱、

猛暑対策もあり、非冷房車の運用が

夏場では、ほぼ無くなる傾向に。

 

京電の乗客数の伸びに

陰りが出てきて、

これ以上の乗客の伸びは、

さらなる沿線の開発が進まない限り、

伸びる見込みはなく、

成長する見込みで、多い目に

ある車両数を、

ダイヤの見直しとともに

合理化することになりました。

 

今回は、京電本線の車両数に

メスが入っていませんが、

冷房改造などが進めば、

非冷房車の淘汰が進み、

車両数の削減も

検討されています。

 

20220616 に外部運転で、

800・920・1200系の4両編成に組まれて、

さよなら列車、臨時特急として、

宝ヶ池⇔京電都市で運転いたしました。

youtu.be

京電支線では、

800・920・1200系の4両が廃車後、

冷房高性能車の1210系2両と1720系2両が

活躍することになっています。

※しかし、猛暑対策で、

1210系と1720系の4両が

京電本線へ貸し出しになり、

平日ダイヤは、特急車1710系710番台

711-712が主に普通運用に

入ることになりました。

休日ダイヤは、京電本線から

応援の通勤車4両がやって来ます。


写真は、普通運用に入る、

特急車1710系710番代711-712

写真は京電本線から応援にやってきた、

1000系1001-1051と1002-1052の4両。

今回のダイヤ改正は、無駄を省く

削減重視となりました。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

20220703記事作成0704写真追加。

京電の紹介です。(第4世代1期4-1G)

京電の紹介記事でございます。

 

2022年7月2日土曜日から、

第4世代1期(4-1G)となっています。

 

◎京電の路線は、京都の宝ヶ池公園〜鞍馬温泉で
 途中の京電都市駅で分割、
 京電本線は、宝ヶ池公園〜京電都市で複線、
 京電支線は、京電都市〜鞍馬温泉で単線、
 となっています。

 ◎京電本線の路線案内

 宝ヶ池から京電都市まで全線複線、7駅あります。

 宝ヶ池公園=A

 上高野町

 洛北岩倉

 木野緑が丘=B

 大学前=C

 上賀茂

 京電都市=Ⅾ

※京電本線車両区(車庫)=E

★レイアウト上では、4駅のみの

 表現となっています。

f:id:BMbitman:20220106095353j:plain

 ●京電本線の運転

・平日朝ラッシュ時に1時間で最大16本運転。

 特急、急行、準急、普通の各4本15分間隔。

・平日夕ラッシュ時は、1時間で最大10本運転。

 特急は、30分間隔、準急、普通の各4本15分間隔。

・平日、休日ともに通常は、普通のみ15分間隔、

 朝夕混雑時に準急を追加運転、15分間隔。

・特急くらま号宝ヶ池から鞍馬温泉まで、

 平日は6往復運転、

 休日は、臨時増発する場合があります。

 

◎京電支線は、全線単線で4駅あります。
 京電都市=F

 もみじ台=G

 貴船みどり参道=H

 鞍馬温泉=Ⅰ

※京電支線・特急車両区(車庫)=J

わずか30×90㎝の中に京電支線があり、
急カーブの観光路線でございます。

f:id:BMbitman:20220106100332j:plain

 ●京電支線の運転ダイヤは、通常、

 普通のみの支線内30分間隔運転で、

 時間帯により、本線直通運転の

 特急列車があります。

 ・普通鞍馬温泉~京電都市、
  30分間隔で運転。
 ・特急くらま号鞍馬温泉〜宝ヶ池公園
  平日60分間隔(6往復運転)、

  土日祝臨時増発時、30分間隔で

  観光時間帯に運転。
 ・臨時特急きぶね号

  貴船みどり参道〜宝ヶ池公園
  観光シーズンに60分間隔で運転。
 ・平日、朝夕ラッシュ時に
  普通京電都市~もみじ台、

  30分間隔で運転。
  ※この増発で京電都市~もみじ台は、

  15分間隔となります。

 

●京電支線・京電都市駅と鞍馬温泉駅の時刻表

 ●運転・運用については、

 京電本線、京電支線の詳細記事を
 ご覧くださいませ。
 
◎京電の車両(4-1G)時代15形式52両
 冷房率74.5%(冷房車38両÷51両)
 720系4両
 N800系4両
 900系4両
 1000系4両
 1210系2両
 1500系4両
 1600系1両
 1700系特急車4両
 1710系710番台特急車2両
 1720系2両
 1800系特急車2両
 1900系特急車2両
 2000系12両
 2200系4両
 400系事業車1両
 
●4-1G時代の編成表
・京電本線車両区37両
 4両編成×9本=36両+1両予備・休車

・京電支線・特急車両区15両

 2両編成×7本+1両=15両

f:id:BMbitman:20220703152137j:image

●3-6Gからの変更点

★5駅の駅名が変わります。

 宝ヶ池➡宝ヶ池公園

 三宅八幡➡上高野町

 岩倉➡洛北岩倉

 二軒茶屋➡上賀茂

 貴船口➡貴船みどり参道

(すべてオリジナル駅名に)

★時刻表が変わります。

・夕方に特急(宝ヶ池公園➡京電都市)

 1本から4本に増発。

・京電支線、6時、16時台に各1本増発。

・京電支線の始発列車の繰り下げ。

・最終列車を区間短縮(京電都市⇔もみじ台)。

・区間列車(京電都市⇔もみじ台)は、休日運休。

 ※休日ダイヤの最終列車が早くなります。

・京電支線の普通運用が、朝夕ラッシュ時を除き、

 2列車から1列車に。

・鞍馬温泉駅の夜間留置と宿泊勤務の廃止。

★車両数の削減56両から52両に。

・800系2両、920系1両、1200系1両の4両が廃車。

・冷房化率の向上69.1%➡74.5%

(非冷房車削減により)。

 

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。
20220703記事作成。